読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューダンガンロンパV3 クリア感想①

 5日前にクリアはしたんですが色々あってすぐには書けませんでした。

 なにを差し置いてもまずは自分の感想から書こうかと思っていたんですが、ちょっとネット上のV3の感想の荒れ方を見ていたせいで本当に嫌気が差してきてしまいました。あのオチで白銀つむぎの言うことが全部本当であると思ってAmazonレビュー☆1をつけるような人間達と同じ世界で呼吸しなきゃいけないと思うと心底辛いです。その理由を書いて説明しなきゃいけないのもつらい。コードギアスが完結した後に、当然ルルーシュは生きているということの説明をせっせと書くハメになった時を思い出します。

 なのでそこだけ書いてこの記事はすぐにやめましょう。

<つむぎの嘘>つむぎの言うことの裏付けには、何よりも最原や赤松、百田なんかが受けていたオーディションの映像がキーになります。「あなた方はダンガンロンパのファンであり、望んでこのダンガンロンパの世界にやってきた」という主張こそが最原たちの心を折るための核であったはずです。それと矛盾するのは何よりもプロローグの赤松と最原が言っていた「確かに誘拐された」という言葉。つまり望んでダンガンロンパ53のゲームの登場人物になりにきたなんていうことはあり得ないわけです。なにより、初めに集合した中学の制服を着る16人の中には白銀つむぎ本人もいます。もしつむぎが運営サイドの人間なら、あそこから記憶を上書きするのに揃ってあの中に混ざる必要はないし、同時に演技する必要もないわけです。つまりこの点からつむぎも被害者のひとりと考えられます。

 また、記憶の操作については思い出しライトとそのセットアップ機が登場するのでわかるのですが、人格の操作に関しては何の情報も道具も出てこないので、そんなことは不可能であると考えて見た方が自然です。その証明にプロローグ→本編の変化にかけて登場人物の性格に変わったところは出てきません。つまりオーディション映像に出てきた人間は捏造と考えられます。ではどうやって捏造したか?これこそがつむぎのコスプレであると推測できます。

 そもそもEP1からつむぎのコスプレは実在の人物にはできないという前提が立てられ、歴代のダンガンロンパのキャラクターのコスプレができるのも彼らがフィクションだからという論が立てられましたが、逆にいえば、その「つむぎはフィクションのキャラクターでないとコスプレできない」という点が嘘だとすれば、ダンガンロンパはフィクションであるという点も覆せますし、同時に現実のキャラクターである最原や赤松のオーディションを模せたことも、苗木や日向のコスプレができたことも辻褄が合います。

(赤松の服を着てぶつぶつが出たことについては別の理由があるんでしょう。「ほかの人の服を着ると蕁麻疹が出る」とかなんでもいいですが、つむぎとしてはそこさえ誤魔化せれば後のことはどうとでもできますよね)

 だから何が言いたいかというと、少なくともオーディションの映像が嘘であるなら、それ以外の様々なこともつむぎの嘘であると疑えるということで、盲目的にこれまでのダンガンロンパのストーリーはなかったのだと信じてしまうことには到底つながらないということです。「嘘」がテーマであるV3は常にそこから先が何かはわからないように作ってきましたが(王馬に象徴されるように、どこまで嘘かわからないことが嘘の本質である)、だからこそ百田が最原に伝えた「何を信じるかは自分次第」という言葉が響く、テーマとしては非常に一貫した話作りだったわけです。

 なにか間違ったところがあればコメント頂けると嬉しいです。