読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューダンガンロンパV3 EP1、EP2クリア

 だいぶ放置。でもダンロンV3というお題が降ってきたからそれについて書きます。ネタバレ注意とか書く必要もないくらいネタバレ。

 まずダンロンV3がどういう枷を負いながら世に出てきたかというと、「名作ダンロン2を超えられるか」「駄作ダンロン3が作ったヘイトを打ち壊せるか」この2つに集約されるといっていいでしょう。つまり「ダンロン2を作った人たちなんだからポテンシャルはあるけど、でも3があんなだったからなあ。完全にネタ切れしてんのかなあ」という不安と期待が同居した忌み子。超高校級の忌み子がV3と言えるんじゃないかな。

 と、いう切り口で書いてしまうといかにも総括っぽくなってしまうから、少なくともこの記事では前半のパンチ力について書いておきましょう。

 そんな大した量にはならないけど、一応パートでわけます。

<プロローグ>しょっぱな意外だったのは物語の一番はじめです。発売前の考察をぼくが読んでいた時に、個人的にかなり当たってそうだなと思った「才囚学園の超高校級たちは全員植え付けられた嘘の才能の持ち主」という説について触れてそうな始まりだったからです。つまり宇宙飛行士だとか発明家だとかマジシャンだとか昆虫博士だとか、いかにも子供が憧れそうな、ある意味嘘っぽい才能が多いのは、実は彼らが子供のころに夢見ていた才能を思い込まされているというのがオチという考察です。なんといってもV3のテーマは嘘なので、そこらへんとの兼ね合いでかなりありそうだと個人的には見てました。V3の序盤に出てくる中学校の制服を着た赤松ちゃんと最原くんは自分に才能がないと言っているので、「おっ」と思いましたね。でも序盤でそれを映すということは、当たらずとも遠からず、つまり話のネタのひとつではあるけどオチではないのかな、と思って進めていたら、これはEP2の序盤で覆されちゃいました。残念。まあ、もし本当に植え付けられた記憶だとしたら、美術部とか保育士っていうのが微妙になっちゃう弱点はありましたしね。しかたないです。

<EP1>名パートといっていいんじゃないでしょうか。体験版でしつこく主人公の銘を打たれていた赤松ちゃんがまさかの殺害実行犯。ダンロン無印のEP1をほんの少し彷彿とさせながら、それでも新しい切り口で裁判を展開させたのは感心しました。容疑者が少なすぎたことを除けばアクロイド方式としてうまい線だったと素直に思います。EP1で密室と平行して最大の謎だった「どうして犯人は初回特典を受けなかったのか」についても疑問なく解消したのはGOOD。またダンロン2の七海とは違って序盤で起きるというのも対照的でいいですね。ただ人が殺せるくらいの鉄球なら本なんかで止められずに落ちるとは思う。おしおきについてはダンロン2のように皮肉をきかせながらダンロン無印のおぞましさも出せていたのでこれもよかったといいたいです。これも発売前に考察されていた、EP毎にモノクマーズが欠けていくというのも映像の中で処理したのは個人的に好感。

<EP2>コミュ上げてた星くんと東条さんの脱退で至極残念丸。蜘蛛の巣のおしおきはPVで見た時はてっきりゴン太かと思いましたけど東条さんでしたね。今回は2っぽいおしおきでした。星くんは見た目忍空のくせして遠慮のない青学レギュラーっぷりでウケました。動機ビデオが白い点からしても蘭太郎といっしょでもう一回なんかありそう。トリックとしては、個人的にロープを使ったトリックと建物トリックが大好きなので大満足。基本的なミステリはゴミですけど建物トリックは最高じゃないですか?舞城王太郎的に考えて。当然2のEP4も好きでした。フィクション感とぎりぎりできそう感の融解点って感じでたまらないです。急に頭角をあらわしてきたハルマキちゃんの引きもよかったし、謎もいい塩梅だったので良パートだったと思います。

<EP3>今裁判前です。ロープや建物よりもさらに好きな見立てがでてきて興奮。見立て殺人って最高じゃないですか?舞城王太郎的に考えて。犯人は真宮寺かキーボか百田で!希望は百田で本命は真宮寺くん。ひとっ走りしてきたら続きやります。また。